アナログメーター数値読取システム

アナログメーター値をデジタルデータ化するレトロフィットIoT

概要

工場のスマート化(DX推進)始めませんか?
計測器や制御盤のアナログメーターを、カメラで撮影し、針の角度を検出して、数値をデジタル出力(データ化)するシステムです。

特長

  • 型式が古くデジタル出力(データ化)が困難な計測器やメーターでも データ化を実現し、今まで人が行っていた目視確認や転記作業を自動化することで、人的ミスの低減につながります
  • リーズナブルなコストで実現可能!(USBカメラと小型CPUユニット)

用途

アナログメーターのデータ集録

システム構成

  • USBカメラ
  • PC
  • ソフトウェア
    ※カスタマイズによって様々な表示に対応可能です。まずはご相談下さい。

導入実績・課題解決事例

設備監視(工場内にある各種アナログメーター値を自動読取)
⇒取得したデータを社内システムで管理できるようになったので、確認作業が不要になった
⇒継続的なメーター数値の集録が可能に!
⇒異常発生時にもすぐに検知でき、発報可能 (※オプション対応です)

発展事例

  • データを長期にわたり自動で記録できるため、予知保全に活用できます。
  • 読み取ったデータをクラウドにアップして遠隔地での確認が可能になります。
    (PC、タブレット、スマートフォンを活用)