真円度判定装置

測定物の真円度を検査

概要

本装置は、測定物の真円度を 2 台の光学系で撮影し、検査する装置です。
 ●検査工程において時間がかかる
 ●不良品のより分けが難しい
 ●誤判断を防ぎたい
     ⇓
このような課題を解決するには、本製品による検査を推奨します。
球体を扱うメーカー様への納入実績がありますので、実例に基づく具体的なご提案・アドバイスが可能です。



特長

  • 測定物の長径は、パーツフィーダー部に取り付ける治具により変更可能
  • 判定後は、エアーを用いた選別機能により、より分けることが可能
  • 1分間に約180個の判定が可能
  • 様々な球体の測定が可能:セラミック球・ベアリング球・真珠など

 

導入実績/課題解決事例(お客様の声)

球体を扱うメーカー様に納入実績が有ります。
このような仕様で、1分間に約180個の判定を実現しました。