お客様の声 寸法自動測定装置 SmartEdgeシリーズ

SmartEdgeを導入されたお客様の生の声を集めました

SmartEdge 比較表

※「SmartEdge」は株式会社中央電機計器製作所の商標または登録商標です。


◆寸法自動測定装置 SmartEdgeシリーズとは◆
フィルムやシート等の寸法を自動で測定する二次元の寸法測自動測定装置です。
初回に測定箇所のプログラミングを行えば、あとはマウス操作だけで自動測定します。
装置のサイズや仕様はお客様ごとにカスタマイズ可能なので、貴社の用途にピッタリの装置を提供します。

 

概要

こちらは、実際に装置を導入いただいたお客様のお声を集めたページです。
導入をご検討中のお客様は、是非ご参考ください。

導入実績/課題解決事例(お客様の声)

  • 機能がシンプルで初心者でも扱える装置だったので、半日程度のトレーニングで導入日から測定できた
  • ハード・ソフトともに一貫して製作されているので、アフターフォローもしっかりしていた
  • 大きなワークの反りにも対応している(吸着機構搭載)
  • 測定結果が自動で作成されることで、数字の裏付けができ、顧客に対して説得力のあるアプローチができるようになった
  • 海外で「作業者が定着しない」という課題があっても、操作が簡単なため、すぐに引き継げた
  • 偏光板に特化した測定ソフトがあり、対象となるワークなら非常に簡単に測定ができた
  • 他社の測定装置と比較し、価格と仕様がマッチした。
    (価格と仕様のバランスが優れている)
  • 照明をオプションに変更することで、刃型(抜型)の刃先が見えるようになり、刃型の寸法と抜いたワークの寸法に差が生まれることを確認できた
  • それにより、刃型の作り直しの時間が削減できた
  • 測定点がたくさんあっても、便利なツールがあるので、円、R、など各種測定が簡単にできるようになった
  • 年々ワークの測定箇所が増え、形状も複雑化しているが、便利な測定ツールがあるので、円、R、など各種測定が簡単にできるようになった
  • ワークサイズに応じた複数のラインナップ展開があり、自社にマッチしたモデルを選ぶことができた
  • メジャー、ノギス、投影機などと違い、測定結果が自動で生成されるので、時間短縮につながり、転記ミスもなくなった