卓上型 寸法自動測定装置 SmartEdge GS-HB6040

コンパクトでリーズナブルな寸法自動測定装置

SmartEdge 比較表

※「SmartEdge」は株式会社中央電機計器製作所の商標または登録商標です。


◆寸法自動測定装置 SmartEdgeシリーズとは◆
フィルムやシート等の寸法を自動で測定する二次元の寸法測自動測定装置です。
初回に測定箇所のプログラミングを行えば、あとはマウス操作だけで自動測定します。
装置のサイズや仕様はお客様ごとにカスタマイズ可能なので、貴社の用途にピッタリの装置を提供します。

 

概要:卓上型 寸法自動測定装置 SmartEdge

型式:GS-HB6040(Work Size:570×420mm)

スマートエッジシリーズで最も汎用性の高いモデルです。
測定範囲が広いにもかかわらず非常にコンパクトで、必要最低限のスペックのみでリーズナブルな装置です。

特長

  • A2サイズまで測れるのに卓上型!
  • 必要最低限のシンプル仕様で低価格!
  • オプションで照明を変更することも可能
  • 標準品のため、納期短縮が可能

 

動画・詳細

2D寸法自動測定装置シリーズ

用途

  • 打ち抜き加工品全般
  • 特にトムソン型で打ち抜きをしているワークが向いています
  • それほど精度が高くないので、A2サイズくらいまでのワークサイズのものが測定可能です。
  • ワークが量産されるもので、測定頻度が多いようなものが得意です

オプション

【4方向照明】
4方向照明に変更すれば、トムソン刃、腐食刃などの刃型の測定も可能になります。
前後左右4つの照明を、個別で明るさ調整やON/OFFすることで、刃物の先端部分をくっきり明確にとらえられます。
刃型の刃同士の距離を高精度に測定することができます。



【安全カバー(アルミフレーム製)】
装置(ステージ部)を覆い被せるサイズのカバーです。
扉は観音開きになっており、扉を開いた状態では動作せず、動作中に扉を開くと停止する仕組みです。
カスタムメイドなので、大きさや構造はご相談に応じて対応いたします。

仕様表

導入実績/課題解決事例(お客様の声)

  • 明確な測定結果が出てくることで、顧客との交渉がしやすくなった。
  • 数字の裏付けができたことにより、説得力のあるアプローチができるようになった。
  • 高精度で測定ができるようになったことで、難易度の高い案件もいただけるようになった。

よくある質問

Q

安全カバーは付けられますか?

A

はい、対応実績があります。まずはご相談ください。

Q

高さは測定できますか?

A

2次元の寸法測定装置ですので高さ方向の測定は不可能です。
事例として、2次元的環境(向きを変えるなど)をつくり出す事が出来れば平面的に測定は可能です。
また、2.5次元 寸法自動測定装置(-SmartEdge- GS-HLS150120MH)であれば、抜型(トムソン型)に特化しており、ある程度の厚みや高さの測定が可能です。(※オプションで照明の変更が必要)

Q

どのようにして寸法測定を行うのですか?

A

おおよそは下記のような流れで測定します。
【STEP1:初回測定】
測定箇所・方法・規格値を決めながら測定します。
【STEP2:初回の測定データとプログラムデータの完成】
上記STEP1完了後に完成されます。
【STEP3:量産測定】
STEP2で作成されたプログラムデータを呼出して測定します。
既に測定内容はプログラムデータに記憶されておりますので、比較的短時間での測定が可能です(全自動または半自動測定)。
測定後には測定データが出力されます。

Q

アフターフォロー体制を教えてください

A

● 故障が発生したら⇒保守契約加入で無償対応
● 使い方がわからない場合⇒ご連絡頂ければ対応いたします(窓口:カスタマーサービス)
● 精度確認をお願いしたい⇒基準スケールを持って伺います
● 特殊な使い方をしたい⇒ハードもソフトもカスタム対応可能です

Q

測れるかわからないが一度見てほしい

A

サンプル測定サービスをご利用ください!
サンプルをお送り頂ければ無料で測定し、通常約1週間で結果をお送りいたします!
※サンプル数や測定箇所数により有償・お時間を頂く場合がございますのでご了承ください。
まずはご相談を!
お問い合わせ:06-6953-2366 カスタマーサービスまで